« がんを消す免疫薬の真実 本庶佑/立花隆著 | トップページ | Collegium Internationale Allergologicum (CIA) »

2018年10月 6日 (土)

「文科省の予算に頼りきるのは限界」スキームによって国立大学の課題を解決する可能性も

この記事は興味深いです。
どうやって自衛していくべきか。
僕の場合、大学で研究ができなくなるのであれば、大学にいる意味がないと思っているのでこういうスキーム作りに関してはそれなりに理解しておかないといけないし、あるときには実際に行動に移さないといけないかもしれません。

« がんを消す免疫薬の真実 本庶佑/立花隆著 | トップページ | Collegium Internationale Allergologicum (CIA) »

アマゾン

かばの本棚

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31