« 役に立つかどうか? | トップページ | 日本の研究力の衰退 »

2018年8月23日 (木)

免疫サマースクール

今年は第20回目ということで、すでに20年も続いています。
https://ss2018-jsi.jimdo.com/
僕自身が第三回のスクール生であり、また、今回が3回目(?)の講師としての参加となりました。
僕の頃は大学院生がほとんどでしたが、今年は大学の学生さんが多かったように思います。免疫学の重要性やおもしろさを感じる若者が増えることはいいことです。ただ、うちの教室や京大の学生さんは少ない印象。自分で貯めたお金をどこに使うべきか、というのは人それぞれの価値観もあるので押しつけることはしたくないですが、若い人は自身の成長に向けて投資して欲しいなあ、と思います。そういう意味ではこのスクールは極めていい機会になるんじゃないかと毎回参加して思います。
ちなみに講師陣は謝礼どころか、交通費や宿泊費なども学会から一切支給されませんので、真のボランティアです。それでも若い人達に何かを感じて欲しいとおもって参加されています。
僕は講師陣の中では本当にひよっこですから、自身が講師として参加すると同時に、先人と接することができることで、僕自身もいろいろな刺激を受けます。この会に講師として読んでもらえることは僕に取っての最高の名誉の一つで、これからもお声がけしてもらえる様に頑張っていこう。
Img_8251
知のマグマは解き放たれただろうか。。。オーガナイザーの鹿児島大の原先生、お疲れ様です。
Img_8258
Welcome party。
Img_8261
いつもシャッターチャンスを逃さない河本先生。
Th_img_8270
Free discussion!
Th_img_8305
2日目のランチのあと、若者達と一緒に14kmの登りのロードを一緒に走ってきました。
みんな速くて、最初は「俺についてこい」という感じだったのですが、途中からは、僕の方から「ちょっとペースを落とすぞ!」と逆の立場に。。。よくよく聞いてみると、みんな陸上の長距離の経験者だったり現役ランナーでした。いい修行になりました。
Th_img_8308
いい汗かきました。このあと、みんなで水風呂へ。
Th_img_8314
大体、毎回、部屋飲みの最後までつきあってくださるお二人。
そういえば、17年前に僕が参加したときも小安先生は毎晩遅くまでご一緒してくださってました。みんな相変わらずお元気です。

« 役に立つかどうか? | トップページ | 日本の研究力の衰退 »

アマゾン

かばの本棚

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30