« あたらしい皮膚科学 第三版 清水宏著 | トップページ | AUM Shinrikyo cases still not closed: Author Haruki Murakami »

2018年7月30日 (月)

たがのわ 多賀先生のあったか子育てアドバイス 多賀一之著

医学部の学生の4回生の時に、3ヶ月ほど米国のNIHキャンパスにあるFDAというところに留学する機会を頂きました。実は留学するまでに研究室に一年間ほどぼちぼちと通わせていただいていましたが、授業や部活、アルバイトなどもあり、研究の魅力というものをそれほど感じる事はできぬままでした。
米国では、金沢大の小児科出身の多賀一之(たがかずゆき)先生にご指導いただき、僕の研究に対する思いが大きくそこで変わりました。
仮説を立て、実験し、結果を丁寧に観察して、そして自身の仮説が正しかったかを検証する。というプロセスを学ばせていただきました。学生にそこまでしっかり教育することはとても大変なことなのに、本当に感謝しています。
また、当時の多賀先生のボスのGiovanna Tosato先生も大変優しい先生でした。いいボスに恵まれて、僕は研究というものを将来やりたいと思って残りの学生生活を過ごし、そして皮膚科への入局を決める事になったのだと思います。
多賀先生との出会いがなければ間違いなく僕の人生は変わっていました。

さて、多賀先生はいま、石川県で小児科を開業されていますが、その傍ら、講演会を年に100回近く、そして子育てに関する書籍まで出版されています。エネルギーはいまもあふれ出んばかりです。

この「たがのわ」という本も第二巻が出版されています。僕の妹家族に、アマゾンでプレゼントしてみました。。。

« あたらしい皮膚科学 第三版 清水宏著 | トップページ | AUM Shinrikyo cases still not closed: Author Haruki Murakami »

アマゾン

かばの本棚

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31