« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

AUM Shinrikyo cases still not closed: Author Haruki Murakami

村上氏のコメントは英語なら無料でアクセスできます。
が、日本語は有料でした。
林被告のことが多く綴られてい
One thing I remember very well about the trial of Yasuo Hayashi was the constant presence of his mother. Someone told me, "That is Hayashi's mother." A petit woman, she was often sitting in a seat in front of me. She never budged a bit throughout the proceedings, perhaps looking toward her son in the defendant's seat. The only time she did not appear in the court was the day when the judgment was announced. I wonder if she sensed that an ultimate penalty was going to be handed down on her son, and could not bear to hear it with her own ears. I feel pains when I think of her -- Is she still doing fine? What is she feeling regarding the news of the execution?ます
ます(彼はサリン関係者の中で唯一の終身刑で、死刑にはなってません)。ここは新鮮でした。
後のコメントは概ね既に目にした内容かと思いますが、村上春樹氏がこうして英語で発信することの意義は大きいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

If there was any intention of "bringing a closure to those cases," or an ulterior motive of making the institution called the death penalty a more permanent one by using this opportunity, that is wrong, and the existence of such a strategy must never be allowed.

There are many things we, including myself, have to learn from in connection with those AUM-related cases, and the death of the 13 individuals did not close the door to such a learning process. What we should do is to think deeply again about the meaning of "unfortunate and unlucky" while facing their deaths and feeling the weight of their lives that are gone forever.

If there was any intention of "bringing a closure to those cases," or an ulterior motive of making the institution called the death penalty a more permanent one by using this opportunity, that is wrong, and the existence of such a strategy must never be allowed.

    There are many things we, including myself, have to learn from in connection with those AUM-related cases, and the death of the 13 individuals did not close the door to such a learning process. What we should do is to think deeply again about the meaning of "unfortunate and unlucky" while facing their deaths and feeling the weight of their lives that are gone forever.

If there was any intention of "bringing a closure to those cases," or an ulterior motive of making the institution called the death penalty a more permanent one by using this opportunity, that is wrong, and the existence of such a strategy must never be allowed.

    There are many things we, including myself, have to learn from in connection with those AUM-related cases, and the death of the 13 individuals did not close the door to such a learning process. What we should do is to think deeply again about the meaning of "unfortunate and unlucky" while facing their deaths and feeling the weight of their lives that are gone forever.

One thing I remember very well about the trial of Yasuo Hayashi was the constant presence of his mother. Someone told me, "That is Hayashi's mother." A petit woman, she was often sitting in a seat in front of me. She never budged a bit throughout the proceedings, perhaps looking toward her son in the defendant's seat. The only time she did not appear in the court was the day when the judgment was announced. I wonder if she sensed that an ultimate penalty was going to be handed down on her son, and could not bear to hear it with her own ears. I feel pains when I think of her -- Is she still doing fine? What is she feeling regarding the news of the execution?

If there was any intention of "bringing a closure to those cases," or an ulterior motive of making the institution called the death penalty a more permanent one by using this opportunity, that is wrong, and the existence of such a strategy must never be allowed.

    There are many things we, including myself, have to learn from in connection with those AUM-related cases, and the death of the 13 individuals did not close the door to such a learning process. What we should do is to think deeply again about the meaning of "unfortunate and unlucky" while facing their deaths and feeling the weight of their lives that are gone forever.

One thing I remember very well about the trial of Yasuo Hayashi was the constant presence of his mother. Someone told me, "That is Hayashi's mother." A petit woman, she was often sitting in a seat in front of me. She never budged a bit throughout the proceedings, perhaps looking toward her son in the defendant's seat. The only time she did not appear in the court was the day when the judgment was announced. I wonder if she sensed that an ultimate penalty was going to be handed down on her son, and could not bear to hear it with her own ears. I feel pains when I think of her -- Is she still doing fine? What is she feeling regarding the news of the execution?
One thing I remember very well about the trial of Yasuo Hayashi was the constant presence of his mother. Someone told me, "That is Hayashi's mother." A petit woman, she was often sitting in a seat in front of me. She never budged a bit throughout the proceedings, perhaps looking toward her son in the defendant's seat. The only time she did not appear in the court was the day when the judgment was announced. I wonder if she sensed that an ultimate penalty was going to be handed down on her son, and could not bear to hear it with her own ears. I feel pains when I think of her -- Is she still doing fine? What is she feeling regarding the news of the execution?
One thing I remember very well about the trial of Yasuo Hayashi was the constant presence of his mother. Someone told me, "That is Hayashi's mother." A petit woman, she was often sitting in a seat in front of me. She never budged a bit throughout the proceedings, perhaps looking toward her son in the defendant's seat. The only time she did not appear in the court was the day when the judgment was announced. I wonder if she sensed that an ultimate penalty was going to be handed down on her son, and could not bear to hear it with her own ears. I feel pains when I think of her -- Is she still doing fine? What is she feeling regarding the news of the execution?
One thing I remember very well about the trial of Yasuo Hayashi was the constant presence of his mother. Someone told me, "That is Hayashi's mother." A petit woman, she was often sitting in a seat in front of me. She never budged a bit throughout the proceedings, perhaps looking toward her son in the defendant's seat. The only time she did not appear in the court was the day when the judgment was announced. I wonder if she sensed that an ultimate penalty was going to be handed down on her son, and could not bear to hear it with her own ears. I feel pains when I think of her -- Is she still doing fine? What is she feeling regarding the news of the execution?
One thing I remember very well about the trial of Yasuo Hayashi was the constant presence of his mother. Someone told me, "That is Hayashi's mother." A petit woman, she was often sitting in a seat in front of me. She never budged a bit throughout the proceedings, perhaps looking toward her son in the defendant's seat. The only time she did not appear in the court was the day when the judgment was announced. I wonder if she sensed that an ultimate penalty was going to be handed down on her son, and could not bear to hear it with her own ears. I feel pains when I think of her -- Is she still doing fine? What is she feeling regarding the news of the execution?
One thing I remember very well about the trial of Yasuo Hayashi was the constant presence of his mother. Someone told me, "That is Hayashi's mother." A petit woman, she was often sitting in a seat in front of me. She never budged a bit throughout the proceedings, perhaps looking toward her son in the defendant's seat. The only time she did not appear in the court was the day when the judgment was announced. I wonder if she sensed that an ultimate penalty was going to be handed down on her son, and could not bear to hear it with her own ears. I feel pains when I think of her -- Is she still doing fine? What is she feeling regarding the news of the execution?

2018年7月30日 (月)

たがのわ 多賀先生のあったか子育てアドバイス 多賀一之著

医学部の学生の4回生の時に、3ヶ月ほど米国のNIHキャンパスにあるFDAというところに留学する機会を頂きました。実は留学するまでに研究室に一年間ほどぼちぼちと通わせていただいていましたが、授業や部活、アルバイトなどもあり、研究の魅力というものをそれほど感じる事はできぬままでした。
米国では、金沢大の小児科出身の多賀一之(たがかずゆき)先生にご指導いただき、僕の研究に対する思いが大きくそこで変わりました。
仮説を立て、実験し、結果を丁寧に観察して、そして自身の仮説が正しかったかを検証する。というプロセスを学ばせていただきました。学生にそこまでしっかり教育することはとても大変なことなのに、本当に感謝しています。
また、当時の多賀先生のボスのGiovanna Tosato先生も大変優しい先生でした。いいボスに恵まれて、僕は研究というものを将来やりたいと思って残りの学生生活を過ごし、そして皮膚科への入局を決める事になったのだと思います。
多賀先生との出会いがなければ間違いなく僕の人生は変わっていました。

さて、多賀先生はいま、石川県で小児科を開業されていますが、その傍ら、講演会を年に100回近く、そして子育てに関する書籍まで出版されています。エネルギーはいまもあふれ出んばかりです。

この「たがのわ」という本も第二巻が出版されています。僕の妹家族に、アマゾンでプレゼントしてみました。。。

あたらしい皮膚科学 第三版 清水宏著

言わずもがなの名著です。この成書がある限り、他の教科書をつくる必要はもはやないのでは、と思えるくらいです(治療に関しては別ですが、治療の詳細はこの教科書のout of scopeで、それで僕も正しい路線と思います)。
第三版になり、さらに写真も増えました。皮膚科医であろうがなかろうが、手元におくことを強くお勧めしたいです。
(医学部の学生さんにもそう説明しています)

2018年7月29日 (日)

グローバル企業にとっての日本の存在

最近、いろいろなグローバル企業の方と会う機会が多いのですが、彼ら(欧米人がほとんど)にとっての日本の意義について尋ねるようにしています。
日本の良い点
1.臨床研究をきちんと実施するのでデータの信頼性が高い
2.honestな国民性
悪い点
1.コミュニケーション能力(語学の問題や、意思表示をきちんとしないこと。たとえばわからないことをわからないと言わないので誤解が生じる)
2.PMDAとのやり取りで時間を要する(最近は改善されているらしい)
とまあ、大体いつも同じ答えが返ってきます。あと、よく言われるのは、「皮膚科においては、日本のサイエンスはトップレベル」とのことで、皮膚科領域は国際共同治験などにおいて、日本は欠かせない、という点。あまり他科と比較をするつもりはないですが、少なくとも現時点では日本は世界のskin biologyの研究社会の中できちんとプレゼンスを保てています。
先人の努力のおかげで今が有り、この良い状況を次の世代に引き継がないといけないと思っています。
ただ、僕の次のgenerationは、まだまだ存在感が薄い。研究のテーマが小さい。と僕は思います。
僕自身のことを棚に上げているとは思いますが、それでも次世代に向けてもっと僕は思ったことをはっきり伝えて行かないといけないと最近感じ始めました。それはうちの教室のメンバーにも同様です。論文のimpact factorを増やすことがメインの目標になってしまってはいないか。
そういったことを、僕ら自身も反省しつつ、そして、次の世代にも助言していかないといけない訳で、僕も、随分と老けてしまったわけです。

2018年7月28日 (土)

オウム真理教の結末

13人の死刑執行という形で一区切りとなりました。
僕としては非常に後味の悪いものを感じます。
今回の事件の犠牲者は、サリンなどの被害を受けた方々だけでなく、オウム真理教に集信した人達とその家族など多岐にわたります。死刑執行された人の中には深く反省している人もいたようです。いじめやパワハラを身近でみた場合にそこにどこまで立ち向かえるのか。人間はそんなに強いわけではなく、誰にでも彼らのようになった可能性はありえます。
キリスト教信者ではないですが、ふと聖書の一節を思い出しました(ヨハネによる福音書、第8章の1~11節)。
-------------------------------------------------
イエスはオリーブ山へ行かれた。 
朝早く、再び神殿の境内に入られると、民衆が皆、
御自分のところにやって来たので、座って教え始められた。
そこへ、律法学者たちやファリサイ派の人々が、
姦通の現場で捕らえられた女を連れて来て、真ん中に立たせ、
イエスに言った。 
「先生、この女は姦通をしているときに捕まりました。 
こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。
ところで、あなたはどうお考えになりますか。」
イエスを試して、訴える口実を得るために、こう言ったのである。
イエスはかがみ込み、指で地面に何か書き始められた。
しかし、彼らがしつこく問い続けるので、
イエスは身を起こして言われた。 
「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、
まず、この女に石を投げなさい。」 
そしてまた、身をかがめて地面に書き続けられた。 
これを聞いた者は、年長者から始まって、
一人また一人と、立ち去ってしまい、
イエスひとりと、真ん中にいた女が残った。 
イエスは、身を起こして言われた。 
「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか。 
だれもあなたを罪に定めなかったのか。」
女が、「主よ、だれも」と言うと、イエスは言われた。
「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。
これからは、もう罪を犯してはならない。」
-----------------------------------------------
今回の死刑執行がなければオウム事件は徐々にみんなの記憶から忘れ去られていくだけだったかも知れませんので、このタイミングで死刑執行が行われたことで総括する機会が得られたのはなんとも複雑な思いがします。
死刑は基本的に反対の立場なのですが、それも自分がまだ関係者になっていないからだけからかも知れず、ただ、そんな中でも、今回の死刑は朝原氏だけでも十分だったように僕は感じます。
あと、こういうマインドコントロールに陥る危険性は、閉鎖空間におかれるときが一番高いと思います。医師は医局、サラリーマンは一つの会社内で生きていくことが多いですが、日本はそういう社会的な流動性が少ないです。北朝鮮はまさにそうですが、日本という国もちょっとあぶないよなあ、、と良く思います。

2018年7月27日 (金)

World Cupのtop 10 goals

https://www.youtube.com/watch?v=Vw34wMAqWzc
第7位と2位が日本がらみ。。。特に7位は忘れられない悪夢です。

2018年7月26日 (木)

日本サイトカイン・インターフェロン学会

今回で三回目の参加かな、と思います。
100名ちょっと参加者なので、しっかり落ち着いて学問できます。僕はこの規模の学会が一番好きです。
Th_img_7866
学会場は秋葉原駅前。
iphoneの充電用のcableを忘れてきたのですが(そんなことばかり)、一瞬で手に入れることができました。さすがはあきばです。
280円でした。
Th_img_7867
会頭は、東京理科大の久保先生。
これまで共同研究もたくさんさせて頂いています。
Th_img_7870
お昼はちょっとぬけて神田のまつやでやまかけそば。ここのそばはおいしいんですよね−。

2018年7月25日 (水)

皮膚がん闘病ブログ

日経のこの記事を見るまでこのブログの存在を知りませんでした。
http://www.dearmelanoma.com/
英語のサイトなので申し訳ないです。
メラノーマの予防において、皮膚科医の責任は大きいです。

シンガポール出張

今回も共同研究の打ち合わせやラボの進捗状況の他、Florent Ginhoux labとの合同lab meeting、製薬企業の方と研究のdiscussion、National skin centreでのCPC、AMEDの方とdiscussionなど、あっという間に時間が過ぎました。
また、須田先生にお食事に連れて行っていたことは、とてもうれしいことでした。日本にいると、どうしても僕がリーダー的な役割を果たさないといけない場面が多いのですが、シンガポールでは、一緒にいることで自分が成長できる方と一緒に過ごせる時間が多いです。それが凄く僕に取ってはかけがえのないことです。
37592884_1778188972303354_514016891

2018年7月23日 (月)

浅利慶太さんが遺したメッセージ「個性を失ってしまった日本への遺言」

二年前の記事です。
ーーーーーーーーーー
演劇の世界では、素質と能力に恵まれた若い役者は増えたけれど、「祈り」がない。演劇を愛し、芝居に全身全霊で魂を注ぎ込むというより、職業として役者を選んでいるのかもしれません。
ーーーーーーーーーー
医療や研究にも通じると思います。僕自身、僕のお師匠さんである成宮先生やJason Cyster先生に「全身全霊で魂を注ぎ込む」点で勝てない。
サイエンスの能力でもかなわないのに、spiritの点でも追いつけないのであれば、結果は見えています。
ただ、まだまだ僕らには時間は残されていますから、諦めずに頑張ろう。

2018年7月22日 (日)

京大先生シアター

手前味噌で恐縮ですが。。。
http://www.kyoto-u.ac.jp/explore/theater/
1分ちょっとの動画(クリックするとlinkします)となります。
20180722_124526
僕自身が実際に顕微鏡を覗くことはもはやなくなりましたが、一応そういう感じで制作されました。研究に興味を持ってくれる人が増えるといいなあ、と思っています。

2018年7月21日 (土)

高校野球 小倉高校

高校野球の夏が始まっています。この暑い中、がんばってます。
途中で転校したものの、北九州の小倉高校が県大会でベスト4まで進みました。
https://baseball.yahoo.co.jp/hsb/local/game/C170057/top?year=2018
結局ここで止まりましたが、それでも検討したと思います。
将来野球で食べていける人はほんの一握りでも、それでも、野球少年は甲子園を夢見て全力で頑張ります。何かを失いがながらも一つのことに打ち込むことは、失うもの以上に何かがあると思います。
箱根駅伝も同じ気持ちで見詰めています。
社会人になったら、急に僕らは冷めたふりをして振る舞いがちですが、それは僕はよしと思わないです。
僕らの世界だったら、手術でも、研究でも何でもいいから、とことん熱く生きて行きたい。いろいろ言い訳もあって、なかなかそれができていない自分自身がもどかしい。
今は、100マイルとか走っているときはそういう状態ですが、仕事がそうならないと本当はだめ。

2018年7月20日 (金)

医の心―私の人生航路と果てしなき海図 井村裕夫著

僕が大学を卒業するときに京大総長だった井村先生の自伝です。今自身がこうして大学で教官を務めているわけですが、何が自分に欠けているのかを自省する良い機会となりました。
特に印象に残ったのは、沼正作先生との会話です。
「近頃の若い人は簡単にデータが出る研究を好む傾向があるが、思い切って困難案問題に挑戦して欲しい。京都大学は登山や探検で有名であり、それで命を落とすこともある。研究では失敗しても命まではおとさないのであるから是非思い切った挑戦をするべきであると若い人に伝えて欲しい」
この言葉が、沼先生の井村先生の遺言となったそうです。この言葉は今の自分にも重い意味があります。

日野原先生との思い出の中では先見性と行動力、努力の重要さを感じました。「飛行機の中でワインを飲んで寝ていてはダメ。印象が強い間に文章にしなさい」とのことでして、僕は全くダメ人間です。

翠川先生は京大の教授の中でも、非常に情熱的、行動的、かつ思いやりのある方だったようで、翠川先生のお名前はしばしばうかがってきましたが、実際にお目にかかることはなかったのが残念です。今の教授会が、客観的にみて、どこが良くて悪いのか、そういうことをもっと知りたい思いに駆られました。

2018年7月19日 (木)

京都 暑い

暑さに強いことを自慢してきましたが、さすがに暑いです。40度近くまで上昇しているようで。。。
こちらは皮膚科の教科書の執筆を請け合ってしまい、それで結構時間を取られてしまっています。沼正作先生は、講演や執筆依頼を全て断って研究に専念したそうです。見習いたい。

聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次で危惧」

この記事、同感です。
「時間の論議だけが進むと、目の前の患者が苦しんでいるにもかかわらず、現場を立ち去る医師が出てくるのではないかと危惧している」
日本にもそういう医者はいますし、アメリカではもっとそのあたりはドライでした。

日本発新薬

日本の製薬会社からいい新薬が開発されるのはうれしいことです。
M&Aばかりで成長をはかるのは僕はあまりすきではないです。企業としては仕方の無いところもあるのでしょうが。
新薬開発はがんや難治性稀少疾患、あるいは痴呆などの中枢系に対する分子標的薬が中心になってきている印象です。
そのため、薬剤は高い。一方、小分子化合物だとかなり安価になるので、僕はそちらの開発も続けて欲しいと切に願います。
皮膚科領域だとどうでしょうか。アトピー性皮膚炎などの患者数が多い疾患は、まずは安価な薬剤でコントロールをはかり、それでもうまく治療できない重症の患者には、生物学的製剤の導入、という流れにならないと医療経済もなりたちません。IL-4受容体の中和抗体もその方向性で進んでいます。
これからも続々と開発されているアトピー性皮膚炎の治療薬は、その多くが高額医療になること必至のため、その恩恵にあずかれない患者が多数います。
低分子化合物の開発は、これからむしろアカデミアの出番が来るのではないかと考えます。まだ僕も定年までしばらくあるので、ユニークなターゲットを見つけて、安価な薬剤開発に繋げることが一つの夢です。

2018年7月18日 (水)

海外からの移住者(6ヶ月以上滞在だったか?)

先日新聞で、20代の約5%、東京に至っては約10%が日本国籍を持たないとのこと。
思っていたよりもはるかに高い数字でした。
ちょっと調べて見ると興味深い報告書がありました。かなり踏み込んだ内容になっています。
主に新宿区に中国・韓国籍の方がたくさん居住していることがわかりますし、また、この件に関して、すでにいろいろな議論がなされていることがわかります。
たとえば以下の内容は賛同します(細かい文言で気に入らないところはありますが)。
京都のホテルの宿泊者も半数以上が外国人です。鎖国でなく、どうやってグローバルな共存をはかるかを建設的に考えて行くしかないと僕は思っています。
我々の研究室も徐々にインターナショナルな方に向かっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※多文化共生推進検討
委員会での主な意見
・東京に定住する外国人の子供は、日本語支援や教育を適切に受けることにより、グローバル人材となり、東京の発展を支える存在になる。
日本語が話せない子供たちを、そのまま放置すると、学校に行けない、就職できないということにつながる。
・今後、外国人支援だけでなく、まちづくりへの積極的なかかわりについても考えないと、多文化共生というのは進まない。
・海外からの赴任や長期勤務で来日する外国人は東京の経済のために貢献してくれている。シンガポールや香港などアジアの他の地域では、外国人の力を活かし、経済活動を盛り上げているところがある。東京都でも外国から優秀な人材を受け入れられる体制づくりが必要である。

グローバル人材の育成について
〇東京の発展のためには、日本人もグローバル化する必要がある。
経済活動の面で日本人と外国人を別々に考えるのではなく、共に支え合って共に活躍していく意識が不可欠である。
東京のグローバル企業においては、外国人だけでビジネスができるものではなく、外国人と日本人がビジネスパートナーとして働くことで、大きな成果を挙げることができる。
東京を支えるグローバル人材の育成東京において、日本人と外国人
の相互理解の上で協力し活躍していくためには、その中核となる
世界で通用するグローバル人材を育成することが必要である。そのためには、学校教育段階から、英語力向上のための学習、海外生活や異文化交流体験、日本の歴史・伝統・文化の理解などを通じ、国際感覚豊かな若者を育成する必要がある

2018年7月16日 (月)

愛媛大学 学生講義

年に一度の医学部学生講義でした。前の方に座っている人は真面目に聞いている人が多いように感じます。
出席している学生さんの多くとはもう二度と会うこともない訳なので、皮膚という臓器の魅力と、学生時代の自由な時間の大切さをお伝えすることを目指しています。
ただ、なかなかそれは難しい。ちょうど昨日、町田康が「会話の骨法」という記事を出してましたが、講義も同じようなものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 これはあくまでも推測だが、年をとったからといって自然に話がうまくなるということはないかららしい。どういうことかというと、常にちょっと無理目、高めの課題を自らに課し、それに向かって努力精進を重ねてきた人間と、頭脳や身体が疲弊するのを避けて常に低めの目標を設定し、ゆとり教育ならぬ、ゆとり人生、を生きてきた人間とでは、様々な点で差や違いが生じるということで、つまりただただ年をとったからといって話が上手になるということはないのである。それが証拠に私よりも随分と年下の人が上手な話をなさる。

 そんなことで年をとったのにもかかわらず話がカラ下手で、人前で話をする度に赤恥をかき続けている。だからなるべく人前で話をしないようにしているが、そういう姿勢が今日の事態を招いたのであって、どうしたらよいのかわからないまま保留状態にして薄目でかき氷を食べるなどしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということで、講義もかなりがんばらないといつまで経ってもうまくならないということです。

毎年講義の後は、愛媛大の医局の先生方とセミナーやdiscussionをして、そのあとみんなでお食事にいっています。

Th_img_7675

早めに到着したメンバーで先に乾杯している写真。

2018年7月13日 (金)

SPIN meeting

Th_flyer_promotion_spin_2019
なかなか面白そうな学会です。inviteしていただいたので、参加の予定です。
http://www.spindermatology.org/spip.php?page=breves_portail&id_relaxbreve=385


SPIN 2019 Programme

 

Day 1 - Thursday, 25th April

 

9:30-11:30 - Educational course on psoriasis

Chairs: Esteban Daudén/Tamar Nijsten (Netherlands)

1. genetics/pathogenesis – Paola di Meglio (UK)

2. comorbidities - Tiago Torres (Portugal)

3. topical therapy - Rolland Gyulai (Hungary)

4. systemic therapy - Cesar Gonzalez (Colombia)

5. biologic therapy - David Moreno (Spain)

 

11:30-12:30 Sponsored Symposia

12.30-14.00 Welcome reception

 

14.00-14:10 – Congress Opening:

Fondation René Touraine Welcome and update on SPIN – Thomas Luger and Jo Lambert

 

14:10-16.00 – Plenary 1: Genetics and pathogenesis in psoriasis and atopic dermatitis

Chairs: Pedro Herranz (Spain) / Georg Stingl (Austria)

1. Genetics in psoriasis and atopic dermatitis - Jonathan Barker (UK)

2. New developments in immunopathogenesis of psoriasis – Curdin Conrad (Switzerland)

3. Genetics and immunopathogenesis of pustular variants of psoriasis - Hervé Bachelez (France)

4. Autoimmunity vs autoinflammation in psoriasis - Lars French (Switzerland)

5. Pathogenesis in psoriasis and atopic dermatitis. Similarities and differences - Emma Guttman-Yassky (USA)

 

16.30-18.00 – Focus Session 1: Epidemiology and registries

Chairs: Seijo-Dávila P (Spain) / Luigi Naldi (Italy)

1. Comorbidity connection in major inflammatory skin diseases - Alexander Egeberg (Denmark)

2. Epidemiology of major inflammatory skin diseases in emerging countries – Alur  Kumar (India)

3. Epidemiology of major inflammatory skin diseases anno 2019 - Ignacio Garcia Doval (Spain)

4. Registries in major inflammatory skin diseases - Phyllis Spuls (Netherlands)

Free communications (3 x 5' + discussion) 

 

16.30-18.00 – Focus Session 2: Advances in target-oriented therapy

Chairs: Romana Ceovic (Croatia)/ Skaidra Valiukeviciene (Lithuania)

1. Atopic dermatitis - Thomas Bieber (Germany)

2. Psoriasis – Andrea Chiricozzi (Italy)

3. Psoriatic arthritis – Henning Boehncke (Geneva)

4. Biomarkers in psoriasis and atopic dermatitis - M Stahle (Sweden) or Catherine Smith (UK)

Free communications (3 x 5' + discussion)

 

16.30-18.00 – Patient Association’s Meeting

 

 

 

Day 2 - Friday, 26th April 

 

08.30-10.00 – Focus Session 3: Autoinflammation and autoimmunity

Chairs: Lara Ferrandiz (Spain), Richard Warren (UK)

1. Autoimmunity in psoriasis - Jörg Prinz (Germany)

2. Live imaging of cutaneous Immune-responses – Kenji Kabashima (Kyoto)

3. Microbiome in major inflammatory skin diseases – (Thomas Luger (Münster))

4. Autoinflammation and autoimmunity in psoriasis vs hidradenitis suppurativa - A Martorell (Spain)

Free communications (3 x 5' + discussion) 

 

08.30-10.00 – Focus Session 4: Beyond the skin

Chairs: Paolo Gisondi (Italy), Jakob Thyssen (Denmark)

1. Psychological and psychiatric comorbidities in major inflammatory skin diseases - Marta Garcia-Bustinduy (Spain)

2. Liver disease and musculoskeletal disease in psoriasis - Paolo Gisondi (Italy)

3. Cardiovascular comorbidities in major inflammatory skin diseases – S Piaserico (Italy)

4. Comorbidities in major inflammatory skin diseases other than psoriasis- JM Carrascosa (Spain)

Free communications (3 x 5' + discussion) 

 

10.30-12.30 – Plenary 2: Novelties in therapeutics

Chairs: P de la Cueva (Spain) / T Luger (Germany)

1. Anti TNF and small molecules in psoriasis - Sandra Phillips (Germany)

2. Anti IL17 in psoriasis - Carle Paul (France)

3. Anti p40/anti p19 in psoriasis - Kristian Reich (Germany)

4. New molecules in atopic dermatitis - Diamant Thaçi (Germany)

5. What drug for what patient? - Mark Lebwohl (USA)

 

12.30-14.00 Lunch break / Sponsored Symposia

 

14.00-15.30  Focus Session 5 - Topical treatments and physical modalities of treatment

Chairs: JM Carrascosa (Spain), Lajos Kemeny (Hungary)

1. Topical therapy in psoriasis and atopic dermatitis - Lars Iversen (Denmark)

2. UVB in psoriasis and atopic dermatitis – Piergiacomo Calzavara (Italy)

3. (Innovative) sources of phototherapy in psoriasis and atopic dermatitis- Lajos Kemeny (Hungary) 

4. Physical treatment modalities in hidradenitis suppurativa - Gregor Jemec (Denmark) or Errol Prens (Netherlands)

Free communications (3 x 5' + discussion)

 

14.00-15.30 – Focus Session 6 – Advances in systemic non biologic therapeutic agents in psoriasis and atopic dermatitis

Chairs: Raquel Rivera (Spain), Martine Bagot (France)

1. Fumarates/acitretin- Peter van de Kerkhof (Netherlands)

2. CsA /MMF /azathioprine - Cesar Gonzalez (Colombia)

3. MTX –Rolland Gyulai (Hungary)

4. Apremilast and -inibs - Richard Langley (Canada)

Free communications (3 x 5' + discussion) 

 

 

15.30-18.00: SPIN Forum

Chairs: Louis Dubertret (France), Chih-ho Hong (Canada)

Format:

- Speakers from Europe/Asia/America/Africa

- 5-6 Short presentations of 10 mins each, from different speakers/world areas revealing their reality and main problems regarding one hot-topic for discussion

- The role of the chairs (or panel) will be to stimulate the participation from the audience/ sharing the experience/ ask for proposals and ideas to potentially be developed by the SPIN (15 min for each topic)

 

1. Limitations on access to conventional/biologic therapy around the world 

Maria Lorna Frez (Phillipines), Nejib Doss (Tunisia), Nelida Raimondo (Argentina) 

2. Screening and follow up for conventional/biologic therapy 

Carlos Muñoz (Esp), Zheng Min (China ), Emad Elgamal (Egypt)

3.Infections in patients under immunosuppressive drugs: learning from difference

Marta Ferran (Esp), Fernado Valenzuela ( Chili) + Ibrahim Almukahal (Lybia)

Discussion

 

15.30-18.00: How do I manage?

Chairs: Lluis Puig (Spain), Chris Griffiths (UK)

Expert Panel: Mark Lebwohl (USA), Alur Kumar (India), 1 patient representative for psoriasis, 1 patient representative for atopic dermatitis

 

1. Pregnancy – Angela Londoño (Colombia)

2. Childhood psoriasis - Marieke Seyger (Netherlands)

3. Chronic hepatic diseases - Eva Vilarassa (Spain)

4. Chronic infections – Fatimata Ly (Senegal)

5. Nail psoriasis - Marcel Pasch (Netherlands)

6. Recalcitrant atopic dermatitis - Esther Serra (Spain)

 

 

Day 3 - Saturday, 27th April

 

08.30-10.00 – Focus Session 7: Treatment goals/guidelines in major inflammatory skin diseases

Chairs: Luis Puig (Spain), Christian Vestergaard (Denmark)

1. Treatment goals in psoriasis -  Ulrich Mrowietz (Germany)

2. Guideline variability across countries- Jay Wu (USA)

3. Drug survival - Elke de Jong (Netherlands)

4. Treatment outcomes and goals in atopic dermatitis – Alan Irvine (Ireland)

Free communications (3 x 5' + discussion)  

 

08.30-10.00 – Focus Session 8: Individualized therapy in major inflammatory skin diseases

Chairs: Jan Gutermuth, Lone Skov (Denmark)

1. Treat to target - Alexander Nast (Germany)

2. Transitioning between biologics - Ronald Vender (Canada)

3. Combination therapy - Pablo Coto (Spain)

4. Therapeutic drug monitoring – Ann Gils (Belgium)

 Free communications (3 x 5' + discussion)  

 

10.30-12.30 – Plenary 3: Outcomes in psoriasis

Chairs: J Lambert - Ulrich Mrowietz

1. Intro to value based healthcare, applied to a chronic disease model - Fred Van Eenennaam

2. Patient relevant outcome measures in psoriasis (IDEOM) – Alice Gottlieb

3. The integrated practice unit in psoriasis - Ulrich Mrowietz (Germany)

4. Can we justify the cost of a value based psoriasis approach? - Matthias Augustin (Germany)

 

12.30-14.00 Lunch break / Sponsored Symposia

 

14.00-15.30 – Focus Session 9: Empowering HCPs in leadership and management

Chair: Jo Lambert, Volker Steinkraus

1. How to build an effective clinical team? - Volker Steinkraus (Germany)

2. How to use resources effectively? - Jo Lambert (Belgium)

3. How to deal with non-adherence in patients? – Rachael Thorneloe (UK)

4. How to organise multidisciplinary teams? – Amanda Lim (Australia)

 

 

14.00-15.30 – Focus Session 10: Special situations: children, pregnancy, old age, cancer patients in major inflammatory skin diseases

Chairs: I Belinchon (Spain), Hugo Schonenberger De Oliveira (Portugal)

1. Pediatric patients with severe major inflammatory skin diseases - Brian Kirby (Ireland)

2. Paradoxical reactions - Alexander Navarini (Switzerland)

3. Scalp and genital psoriasis - Lorna Frez (Philippines)

4. Old age/cancer patients – Yves Poulin (Canada)

 Free communications (3 x 5' + discussion)  

 

16.00-18.00 - Plenary 4: Late breaking abstracts

 

2018年7月12日 (木)

日本炎症・再生学会

東京・新宿にて開催されています。
皮膚科としては19年ぶりに慶應大学皮膚科の天谷教授が会頭に選出されました。
今年のプログラムは、特別講演に山中先生、Howard Chang先生、宮脇敦史先生、Kathleen Caron先生という超豪華メンバーです。
シンポジウムや教育講演もどれもサイエンスのレベルが高く、天谷先生をはじめ、プログラム委員らが高いところを目指していることが強く伝わってきます(あまり貢献できませんでしたが僕もプログラム委員です)。
さらに、皮膚という臓器の重要さも参加者に伝わったのではないかと思います。
天谷先生をはじめ、世の中の素晴らしい方々は、何かにフォーカスし、それを完璧なまでに準備して成功させますし、そしてその成功が、多くの人に幸せや利益をもたらすことを最近よく知らされます。しかも、いやいややるのではなく、その大変な過程も楽しみながら進められています。これも見習えるものであればそうしたいです。人生、楽しみながら生きていきたいです。
Th_img_7643

2018年7月 7日 (土)

豪雨

京都は、市内(というか左京区)はそれほどの豪雨という感覚はなかったのですが、西日本は大変な被害を受けています。
京都も北部地区の豪雨の影響で、鴨川はかなり危険な状況になってましたが、漸くおちつきました。
Th_img_7581
Th_img_7582
最近は自然災害の程度が激しくなってきているように感じます。
数十年に一度の豪雨、とのことでしたが、次が数十年後ではなさそう。

石坂公成先生

IgEの発見者の石坂先生がお亡くなりになられました。
僕がアレルギーを研究している理由の間違いなく一つとして石坂先生の存在があります。
医学部学生(3回生)の時に、何か研究をしてみたいと思ったわけですが、免疫・アレルギーに興味があったので、いろいろと研究室を探したところ、石坂先生のお弟子さんの淀井淳司先生と巡り会えました。
それ故、僕はある意味孫弟子にあたります。
2016年6月19日に日本アレルギー学会で、IgE発見50周年記念シンポジウムの会食でお会いしましたのが最後となりました。
20180707_95016
これからも、アレルギー研究の発展に少しでも貢献したいと思います。
また、僕は、石坂先生の「我々の歩いて来た道―ある免疫学者の回想」を何度も読みました。
 

2018年7月 6日 (金)

他科医から訊かれるこの皮膚病はなに? (皮膚科フォトクリニックシリーズ) 宮地良樹編集

いわゆる「宮地本」の最新作(の一つ)となります。
この2−3ヶ月はほとんど読書ができず、ベッドで読書をする余裕もなくネオチしてしまっています。ですので教科書の紹介です。

さて、この教本ですが、皮膚科よりもむしろ他科の先生が読むといいのではないかと思っています。あるいは、専門医を未取得の皮膚科レジデントの方など。本当は医学部の学生さんも、これくらい勉強しておいて欲しいところです。

日本語雑誌

毎日のように原稿や編集の依頼が来ます。
それなりに、どの雑誌も日本人研究者の役になっているのだと思いますが、本来であれば、originalの英語の論文を読めばすむことで、日本語の雑誌を含め、そもそもjournalが多すぎるように感じています。
今日は朝から依頼原稿などを4つほどすませましたが、なんとなく虚しさが残り、これは、僕の一時の気分的なものなのか、やはり、本質的なものなのか。
ともあれ、これからは仕事をもう少し絞って、やると決めたことに集中したいと思っています。こんなこと、このブログにずっと書き続けていて、それ故に、少しずつ仕事を辞退してはいるのですが、それでもまだまだ全然断捨離できてないです。
意志薄弱ということですね。

サッカーネタ

テレビを滅多にみないので、ベルギー戦後のことがどう報道されているのかあまり関知してなかったのですが、昨日銭湯に行ったらたまたま関連の番組をやってました。西野監督は続投せず、凄くすがすがしい顔でのインタビューをうけており、大変なプレッシャーを受けていたのだろうと察しました。
あと、僕も含めて多くの人が「よくがんばった」と思っていますが、本気でその上を目指すなら、このままでは大変だろうということは、素人の僕でもよくわかります。
もっとセルジオ越後氏などの意見も採り上げていいと思うし
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180703-OHT1T50166.html
オシムさんのコメントは、やはりちゃうなあ、と思っています。
https://www.hochi.co.jp/soccer/worldcup/CO034055/20180704-OHT1T50090.html
今後の世代交代、どうなるのか楽しみです。
ただ、体格の違いはgeneticにどうしようもないところがありますね。闘莉王とか、ラグビーの日本代表みたいなチームづくりも大切なのかも。

次期監督にはカリスマよりも、ロジックのしっかりした人になって欲しい。

と、そんなことより、自分の教室をしっかりしないといけないです。ただ、サッカーをみていても、やはり自身の教室運営と重ねてしまうのがこれはもう性というか、どうしようもないです。

今日で、僕の恩師の成宮周先生が会頭をつとめられた国際薬理学会も終了です。凄い演者が世界中から参加されてます。

2018年7月 4日 (水)

サッカー 日本代表

ちょっと報告が遅くなりましたが、
ワールドカップのベルギー戦、しびれました。
既に、多くの記事などがでているので、今更僕がここで何をいっても仕方ないと思いますが。。。
今回の試合を見ていて、
海外組でプレーする日本の選手層が増え、頼もしく感じられたことと、海外を経験した選手層のが益々厚くなって欲しいと思いました。これは研究者にも同じ思いを抱きます。
監督も同様。これから長谷部や本田のような素晴らしい選手が、将来コーチングの世界でも海外を経験していってくれるとまた違う日本代表が生まれるのではないかと期待します。
それにしても、サッカーというスポーツは凄いです。観戦していてここまで熱くなれるスポーツは他にないです。特に中高時代、僕はサッカーぎらいでした(ヒトとしての進化の証でもある手を使えない競技の存在そのものが理解できなかったので)が、今となっては考えを改めています。
ただ、サッカーをプレイするのは苦手です。他の球技は大体得意なのですが。
4年に一度のワールドカップ。次回も日本が本戦に出場できるのか保証は全くないわけですが、また出場してほしいし、応援します。

2018年7月 2日 (月)

外国人家政婦 サッカー

騒がれた割に、270名というのはなんとも寂しい数です。
この市場は僕はもっと拡大されるべきと思っています。
仮に日本語があまりできなくても、英語が話せればいいという家庭もあるかも知れません。
なまりはありますが、子供の英語教育にもわるくないでしょうし。
今回のワールドカップのポーランド戦の最後の10分が話題になっているようで、いろいろな意見がでていて大変興味深いです。
スポーツには日本人のあり方を考える機会まで与えてくれることがまず素晴らしいです。
どの意見にも一理あります。個人的には、ルールに則って勝負をしているわけだし、博打にでてそれに勝ったのだから、僕は評価しています。もちろん他の選択もたくさんあっただろうけど、勝負の世界でたらればをいっても仕方ないです。
というわけで、外国人家政婦を含め、形にこだわりすぎて前に進むことができずにくすぶっている日本のいろいろな現況を考えると、今回のサッカーは、良い教訓のようにも思えます。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

アマゾン

かばの本棚

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31