« サッカー日本代表の行方 | トップページ | ワーク・ライフハーモニー »

2018年5月12日 (土)

十五の夏 下 佐藤優

この本、とてもおもしろい。できるだけ若いうちによむべき。
高校一年でこのような旅行を決行したのは本人自身はもちろん、彼を取り巻く家庭などの環境などすべてが普通ではないです。
さすがは高校生だけあって、あまり冒険はしていませんが、それでもこれだけ最高の旅ができたのは素晴らしい。
大学生はもっと世界に揉まれる経験をするべき。そして、科学者も同じ。
そう言う事を感じながらようやく下巻に入りました。

ちなみに僕がいままでお会いした人の中でも、佐藤さんは最もオーラが漂っている人の一人です。眼光も鋭すぎるし、、、。

そういう意味では、モフタル・リアデイ氏の私の履歴書も最高に面白いですね。世界を若い間にいかにしるべきか。そして、知るためにはある程度のリスクを背負いながら、そのsocietyに突っ込んでいかないといけないと思います。

« サッカー日本代表の行方 | トップページ | ワーク・ライフハーモニー »

アマゾン

かばの本棚

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30