« 日本生体防御学会学術総会 | トップページ | iPS研究 米は動き速く 米スタンフォード大教授 中内啓光氏 »

2018年4月 6日 (金)

高田明さん

日経の「私の履歴書」の高田明さんのお話、とてもおもしろいです。
ジャパネットタカタって、どうやってここまできたんだろう、と昔から時々思っていたので、その興味もあって、楽しく読んでいます。

大学を卒業して、2年半で会社をやめ、そして飜訳の手伝いのような仕事も辞めて、地元に帰って写真館の手伝いからの変化(へんげ)はもの凄い。
たしか僕が子供の頃は、フィルムを現像の時代だったけど、それがどんどんスピード化して、そして価格もやすくなり、ビデオができて、そしていまはデジカメ、というかsmart phoneです。

こういう時代の変化の中で、強烈なスピード感で世の中の流れを読み取って実際の行動に移して行った人だと言うことが、6日目にして十分伝わってきます。

臨床や研究にも、ある意味当てはまります。

さて、このあと24日間でどんなことをつたえてくれるのだろう。今月いっぱい目が離せません。

もう一つ、ちょっと関心があるのは、西部邁さんの自殺幇助の件。この二人をどういう罪に処するのだろう。日本の死生観や、これからの高齢化を日本の社会がどう考えるのか。。

« 日本生体防御学会学術総会 | トップページ | iPS研究 米は動き速く 米スタンフォード大教授 中内啓光氏 »

アマゾン

かばの本棚

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30