« How I Became a Clinician Scientist in Dermatology—A Tale of Serendipity, Wise Mentors, and a Good Pinch of Tenacity | トップページ | 日本は何を目指すのか »

2017年7月11日 (火)

世界炎症学会 World Congress of Inflammation in London

参加してきました。
まだ学会そのものはあと二日あったのですが、水曜日の外来や回診、カンファレンスなどはできるだけ休みたくないのでプログラムの途中で切り上げて帰国しました。

Th_img_9142

東京医科歯科大学から5ヶ月Imperial College Londonに留学している学生さんと食事に行きました。5か月というのは一仕事できるいい期間ですね。ただ、大学からのサポートは全くないとのことで、5ヶ月ロンドンで生活するにはかなり貯金しておかないと厳しいですね。

Th_img_9174

友人と一緒にカレー屋さんへ。かなりうまかったです。ロンドンは食事がおいしくない、なんて全く間違っています。

Th_img_9181

今回は日本からのsymposistは、東大の高柳先生、阪大の竹田先生、九大の小川先生と僕でした。医科歯科の田賀先生が座長をしてくださりました。
結構聴衆も多く、しかもレベルの高い方が参加しているので良い質問をうけることができてためになりました。

Th_img_9189
ホテル近くのreagent's parkの隣の丘を7往復しました。
いい運動になりました。
Th_img_9201

reagent's parkそのものは写真のように本当に美しい公園。
最終日の朝に走ってよい気分転換になりました。

ただ、仕事は溜まりまくっているので、精神的には相当追い込まれています。

« How I Became a Clinician Scientist in Dermatology—A Tale of Serendipity, Wise Mentors, and a Good Pinch of Tenacity | トップページ | 日本は何を目指すのか »

アマゾン

かばの本棚

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31