« 日本Cell Death学会 | トップページ | ISA 2017 »

2017年7月25日 (火)

健康長寿のための医学 井村裕夫著

これからの医療は「死なせない医療ではなく、いかに健康に生きるか」が重要であるかということに異論を唱える人は少なくなってきていると思います。ただ、それを頭の中でわかりつつも、それでもいざというときにはそれを受け入れる事ができない人が多いのではないでしょうか。
本書では、どうすれば健康に生きられるか、そして先制医療ができるかについて科学的なエビデンスに基づいて、その問題に真正面から取り組まれています。
一般の人でも理解できる様にかみ砕かれつつも、生命科学者にもしっかり読み応えのある素晴らしい内容。
80歳半ばでありながら井村先生って一体どうやって最新の科学をupdateしているのか、本当に不思議。
日野原先生、早石修先生など、超一流の人の遺伝子を解析する研究をもっと真剣に行い、僕がぼける前に臨床応用して欲しい。

また、東北大の大隅典子先生の書評の方が僕の稚拙なものよりもはるかに参考になります。

http://nosumi.exblog.jp/23131886/

たしかに医学部の学生さんに強くお勧めしたい。授業にでるよりもこの本を一冊しっかり読む方が十分価値がある。

« 日本Cell Death学会 | トップページ | ISA 2017 »

アマゾン

かばの本棚

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31