« 日本は何を目指すのか | トップページ | イノベーターたちの日本史 米倉誠一郎著 »

2017年7月13日 (木)

Don’t pay prizes for published science China and other countries should look again at how they pay bonuses and allocate grants that are based on individual research papers.

Natureの記事からです。
http://www.nature.com/news/don-t-pay-prizes-for-published-science-1.22275?WT.ec_id=NATURE-20170713&spMailingID=54477173&spUserID=MjA1NjE1MTA0OQS2&spJobID=1201858239&spReportId=MTIwMTg1ODIzOQS2

例えばですが、
Zhejiang Agricultural and Forestry University in Lin’An, for example, pays a flat rate of 500,000 yuan for a paper published in Cell, Science or Nature. And it uses a table with equations to help calculate prizes for publications elsewhere. For any paper in a journal with an impact factor (IF) higher than 10, for example, the prize is IF × 1.5 × 10,000 yuan.

とのことです。
1元が17円位なので、Cell Nature Scienceに掲載されれば800万円くらいの報奨金がでるということで、こういうことは、中国では当たり前の様です。

羨ましくも思える反面、サイエンスが出世や生活のための道具として利用されてしまっているのではないかと感じます。

もちろん自分もある意味サイエンスで生きているのですから、非難はできないのかも知れません。ただ、やっぱなんかやっぱちゃうやろ、と思わざるを得ない。

« 日本は何を目指すのか | トップページ | イノベーターたちの日本史 米倉誠一郎著 »

アマゾン

かばの本棚

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31